解剖学生理学(人体のしくみと働き)とアスリート。

こんにちは、アップコンディションの辻亮です。

週末から数日間、東京出張で講習会を行なっておりました。

image

その中のひとつ茅ヶ崎の方ではANAワンダーフライの

特別講座セルフアロマストレッチを

クロ先生こと田中代志美先生と共同開催を実施。

とても充実した内容で行うことができました。

少し講習前後にもミーティングできる時間もあったので、

今後のことを話し合っている中で、

平昌オリンピック金メダリスト小平奈緒選手の話しに触れ、

彼女は非常に解剖学、生理学にも

優れた選手であることが顕著にわかるよね!

という内容で盛り上がりました。

自分の体がどのように意識できて動いているか?!

近年のトップアスリートは、

ただ闇雲に練習するのではなく論理、科学、効率を考慮して、

非常に高いレベルでトレーニングをしていることがわかります。

これはコーチ、トレーナーのレベルも

上がっていることに間違いなく、

さらにはメンタル、栄養、休養の部分まで

洗練されてきているとも考えます。

話しを戻して解剖学、生理学。

解剖学は人体のしくみ(構造)。

生理学は人体の働きを意味しますが、

構造、動かし方を理解しておけば、

パフォーマンスUPできることはシンプルです。

競技に導入あれる筋肉はどのように動かしたら一番効率的で

出力を発揮できるのか?!

また、それはどこにあって、どの筋肉と協働するのか!?

反対側の筋肉(拮抗筋)の伸張性も重要。

さらには筋膜レベルなどで考えると、

前面、後面、側面、対角などもイメージできます。

解剖学生理学をマスターしているアスリートは、

次なる次元へとステップアップしてしまうのだろうな〜と

一緒に考えてました。

故に。

私たちセラピストやトレーナーというお仕事をしていても、

競技や生活に即した現場で活用できる、

解剖学、生理学を知っておかないと、

クライアントの方が知識も経験も上ってことになりかねない?!

国家資格者でも、民間資格者でも現場に出れば先生です。

その知識は素早くアウトプットできてますか?

その手技(トレーニング)は論理的に説明できるアプローチですか?

—–解剖学生理学と合わせて理解を深める手技療法—–

PNFテクニック・ストレッチ・筋膜リリースの技術習得

JPTA認定講習会内容・日程はこちら

—–アスリートのためのコンディショニング—–

PNFテクニック・ストレッチ・筋膜リリースの施術

UP+CONDITION LABはこちら

—–一般の方のためのコンディショニング—–

美容整体、リンパマッサージ、疲労回復トレーニングの施術

 Total Care Salon UP+CONDITIONはこちら

✅ Coming Soon! 

アスリートのためのウォーミングアップジェルクリーム。

ナノレベルでミネラル・ビタミンを配合。塗るだけでパフォーマンスアップ!

FullSizeRender.jpg

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中