大腿外側広筋ストレッチは下肢外側の筋膜リリース

大腿外側広筋ストレッチは腸脛靭帯いわゆる下肢外側の筋膜リリースになります。
これは筋膜を捉えていくのと、そうでないとでは大きな違いがあります。 
うまくリリースがなされると外側へのストレスが軽減し、膝、股関節の疼痛軽減、アライメント矯正にも繋がり結果美脚にもなります。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中